【ストーク利用中】起業・開業のブログ開設におすすめの初心者向けワードプレス・テーマ

BLOGのイメージ写真

起業&開業にあたって、ホームページとは別にブログを運営しようと考える場合には、長期的な運営を考えてワードプレス(WordPress)がおすすめです。ワードプレスにはいろいろなテーマ(テンプレート)がありますが、当ブログはSTORK(ストーク)というテーマを使っています。

ここでは、実際に使っている体験から、これからブログ開設を考える方向けに以下の3つのポイントを整理しました。

  • 起業・開業・副業にブログ開設のすすめ
  • はじめてのワードプレスに求められること
  • はじめての本格ブログ運営に「STORK(ストーク)」がおすすめの理由

ワードプレスのテンプレート選びの参考になさってくださいね。

当記事は、2019年6月時点の情報を参考にしています。

 

 

起業・開業・副業にブログ開設のすすめ

起業・開業・副業はもちろん、自分の考え・趣味・日常などを情報発信するために、ブログは長期的に発信内容をまとめておける場所として貴重な存在です。

インターネットを通じた情報発信の方法として、ホームページ・さまざまなSNS・ブログ等が考えられますが、「情報の鮮度」という視点で考えると、ざっくりと以下のような特徴があります。

  • ホームページ:情報が固定しがち⇒新鮮さをキープするには頻繁な更新が必要。
  • SNS:情報が流れていく⇒過去の発信内容を探しづらい。
  • ブログ:「新鮮な情報」と「ベースになる情報」の両方を発信しやすい。

ひとくちでいえば、ブログは自分らしいスタイルで情報を発信できるという特徴があるのです。

ホームページやSNSで情報発信する場合でも、ビジネスの母船のような位置づけでブログを開設してみることをおすすめします。


起業・開業にあたって、ビジネスのホームページ(コーポレートサイト)とブログを一体化して運営する選択肢もあります。例えば、当サイトのマリの場合は、個人としての起業や副業に関する情報発信はブログ(当サイト)、起業した小さなビジネス(合同会社)での情報発信は、サイトとブログをひとつのホームページで運営しています。

サイトとブログの一体化した運営には、TCDのワードプレス・テーマが便利です。下記の記事も参考にしてください。

起業時のサイト&ブログ開設のイメージ画像

起業&開業におすすめTCDテーマ10選~ホームページ&ブログの同時開設に適したワードプレスのテンプレート

 

はじめてのワードプレステーマに求められること

ワードプレスのテーマは、ワードプレスのデザインのテンプレートのことで、初心者向けから上級者向けまで、いろいろ揃っています。

ワードプレス初心者の場合、ワードプレスに関するスキルレベルに合うものを選ばないと、ブログを書く前のIT的な面でのハードルが高くなります。ある人にとってベストのワードプレステーマが、自分にとってベストであるとは限りませんので、ここは冷静な選択眼が必要になります。

ワードプレスの初心者であって、これからブログ運営を本格的にやっていこうという状況であれば、利用するワードプレステーマは、以下の3つの条件を満たしていること大切です。

はじめてのワードプレステーマに求められる3条件

  • 「カストマイズなし」で形になる:大きなカストマイズを必要とせずに「形になる」点が大切です。すぐにスタートして、ブログ記事を書き進めていける簡単さが大切です。
  • 公式ページがわかりやすい:テーマの設置から利用方法について、公式ページのマニュアルが充実していれば、それに沿って迷うことなしに作業をどんどん進められます。人気テーマについてはネット上にいろいろな記事がありますが、本家本元の公式のマニュアルが充実してれば、大きな時間節約となります。
  • テーマ更新の対応がやりやすい:子テーマを設置が標準となっていれば、テーマ更新も心配なく対応できます。子テーマ設置への説明や対応が充分にとられているテーマを選ぶようにしましょう。

次のコーナーでは、上記の3条件を満たすテーマとして「ストーク」がおすすめである理由を見ていきましょう。

ワードプレス初心者のブログ運営にSTORK(ストーク)をおすすめする理由

ブログ専用のワードプレステーマ

WordPressテーマ「ストーク」 は、ブログ専用のワードプレステーマです。ブログマーケティングのノウハウが結集されています。

ワードプレステーマ・ストーク

ブロガー向けのワードプレステーマを開発販売しているOPENCAGE(オープンケージ) が、「読みやすさ」「書きやすさ」を考えて開発したテンプレートで、「ブログを毎日書きたい」と思わせてくれます。マニュアルサイトも読みやすく、ワードプレスもブログも初心者レベルという方におすすめです。

 

STORKの意味は?

“Stork”という英単語は、「コウノトリ」という意味です。STORKを使うのであれば、「幸せを読者へ運ぶブログ」あるいは「幸せに近づくためのブログ」など、自分なりの解釈をしてみると面白いかもしれませんね。

カストマイズほとんど不要で見やすいデザイン

ストークは、大きなカストマイズは必要ありません。むずかしいカストマイズなしで、見やすくセンスのよいデザインが準備されているテーマです。

自分の好きなテーマカラーを使うことで、ブログにオリジナルな雰囲気を演出することができます。

色は大切なブランディング!

ストークは、簡単にブログのテーマカラーを設定できます。テーマカラーは、ブログの雰囲気を決める大切な色であると同時に、自分のお気に入りの色を使えば、気持ちも沸き立ちます。

例えば、当サイトの場合は「ティファニーブルー」と呼ばれる爽やかなブルーがテーマカラーです。

 

1ライセンスだから不必要に増えすぎない

ストークを購入すると、1つのサイトにのみ使うことができます。複数のサイトでは利用できません。

購入すれば複数サイトで使えるというテーマでは、同じデザインのサイトが量産されてしまっていますが、ストークではそのような許されていません。むやみにストークを使ったサイトが増えすぎないというメリットがあります。

必要であり十分な機能が備わっている

ストークは、ブログを書いていくうえで必要十分な機能が備わっています。

書くことに集中するための機能はデザインがあるだけでなく、それが「多すぎない」「少なすぎない」ので、初心者にとって実に使いやすいテーマです。

 

適度な頻度で更新されている

テーマによっては、頻繁に更新がされますが、ストークはテーマの完成度が高いこともあって、適度な更新頻度です。

現在も定期的に更新されており、子テーマが標準装備なので、更新作業も楽々おこなえて、初心者が不安を感じることなく対応できます。

 

ストーク利用にあたっての留意点は?

  • 量産には向かない:ストークは、1ライセンスで1サイトのみの利用になるので、アフィリエイトが主目的の量産には向いていません。
  • 発売から3年:ストークは2016年5月発売なので、すでに3年たっているロングセラーです。ストークの販売サイトであるOPENCAGEからは、ストークの後に販売となったWordPressテーマ「スワロー」 というテーマもあります。ブロガー向けのテンプレートというコンセプトは共通しています。

 

マリ
当サイトで実際に使ってみて、ストークは、デザインや設定などの細かいことをほとんど気にしないで、書き進めることができるテンプレートだと感じますよ。

 

ワードプレステーマ「ストーク」の基本情報

【ワードプレステーマ名】ストーク
【販売事業者】株式会社bridge(OPENCAGE(オープンケージ)) 
【販売価格】10,800円(税込み)
【購入方法】テーマ販売サイトから購入&ダウンロード

 

まとめ

このように、ストークは、ワードプレス初心者がブログを開設する際に、とても使いやすくおすすめのワードプレステーマです。

起業&開業の場合でも、副業として何かを始める場合でも、ワードプレスのテーマに何を使うか迷ったら、ぜひ検討してみてください。当サイトのような「ブログ」であれば、本当に簡単に始めることができます。

当記事が、ワードプレスでブログを開設しようと考えている方の参考になれば幸いです!

 

 


ブログ開設にあたって写真を公開する予定であれば、自分らしいプロフィール写真を準備をしておきたいですね。東京エリアであれば、以下の記事も参考にしてくださいね。

起業時のプロフィール写真撮影におすすめの写真スタジオ2選(東京編)~セルフブランディングに効果的な写真を撮ろう

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク