起業時に【FAX番号を手配】番号と料金で選ぶおすすめインターネットファックス3選

メールでFAX受信するイメージ写真

小さな起業でファックス番号を用意するときには、Eメールでやりとりできるインターネットファックスが便利です。電話番号と同様に、名刺を注文する前にはファックス番号を決めておく必要があるので、起業&開業準備においては比較的はやい段階に検討する必要があります。

似たようにに見える各社のサービスですが、ファックス番号としてとれる番号の種類料金体系に違いがあります。

ここでは、小さな起業において使いやすいインターネットファックスを厳選してご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

インターネットファックス利用にあたって留意したい3つのポイント

インターネットファックスは、実際にファックス機をもつ必要なく、インターネットやメールを通じてファックスの送受信ができるサービスです。起業&開業にあたってファックス番号を取得するとき、多くの場合、電話番号と同様に継続して長く使っていくことになります。

そのため、インターネットファックスを利用するにあたっては、初期費用だけでなくて、以下の点に留意しておく必要があります。

インターネットファックスを決める際に考慮すべき3つのポイント

  1. 取得できる番号は?:ファックス番号を電話番号と同じ市外局番にしたいのか、番号にとくにこだわりはなく050番号でよいのか、などを検討します。
  2. 料金体系は?:初期費用、毎月の固定費、送信および受信の料金体系を確認します。実際に自分のビジネスで利用するであろう枚数で試算します。
  3. 必要な機能は?:送信先の登録、グループ機能、予約配信など、ビジネス上で必要となる機能を検討します。

ファックスを定常的には利用しないというビジネスの場合には、初期費用よりも月々の固定費用が少ない料金体系のものを選ぶようにして、トータルでのコストを抑えるようにしましょう。

次のコーナーでは、この3つのポイントにフォーカスして、小さな起業において使いやすいインターネットファックスサービスを3つご紹介いたします。

 

小さな起業で使いやすいインターネットファックス3選

秒速FAX Plus(ToonesインターネットFAX)

秒速FAX Plus(起業に最適!ToonesインターネットFAX )は、「FAX番号を選べる」「セキュリティへの配慮」など、小さな起業において安心して利用できる日本の業者によるインターネットファックスです。受信頻度よって料金プランを選べるところが便利です。

 

秒速FAX Plusの特徴

  • FAX番号を選択できる:東京23区(03)、さいたま(048)、横浜(045)、川崎(044)、千葉(042)、名古屋(052)、大阪(06)、IP番号(050)のFAX番号を提供。申し込み時に番号リストが表示されるので、その中から好きな番号を選ぶことができます。
  • 受信頻度に合わせて選べる料金体系:受信頻度に応じて、ファックス受信に関して3つのプランがあります。いずれも初期費用は1,050円です。
    ・SOHO:月額498円(1ページごとの受信単価:8円)
    ・ベーシック:月額798円(同3円)
    ・ビジネス:月額980円(同無料。月間数千枚以上の場合には事前に相談要。)

  • 送信には秒速FAX:ファックスの送信には、同じ業者が運営している秒速FAXのサービスがあり、こちらは初期費用も月額固定料金も無料で利用できます。(送信単価は、月間5千枚まで1ページ10円です。)
  • 安心できるセキュリティ:受信ファイルへのパスワード設定や国内サーバーの利用など、インターネットファックスとしては最大限のセキュリティです。プライバシーマークを取得しています。
  • 留意点:FAXが犯罪に使われるのを防ぐために「本人確認」資料の提出が必要となります。スマホ撮影による画像提出もできるので、手間なく手続きできます。

秒速FAX Plusは、転送電話サービスのToones転送電話と同じToonesによるサービスで、小さな起業に関する電話周りのサービスとして実績があります。固定電話番号の取得と同時にファックス番号も合わせて取得しようというときにも便利です。以下の記事も参考にしてくださいね。

外出先で携帯電話を利用している写真

【ひとり起業の固定電話番号の取得】にToones転送電話サービス

2018-08-31

 

ファックスの利用はあまり多くないが、ファックス番号は持っておきたいという状況であれば、月々の基本料金が安いSOHOプランを利用するのがおすすめです。

 

インターネットファックス【efax】

インターネットファックスefax では、全国57の市外局番からファックス番号を選べる点が最大の特徴です。世界で1200万人以上が利用している世界最大級クラスのインターネットファックスです。

efaxのおすすめポイント

  • 多くの市外局番から選べるFAX番号:北海道から沖縄まで、全国57の市外局番からFAX番号を選ぶことができます。起業にあたって、固定電話番号と同じFAX番号をほしいときに、利用しやすいサービスです。
  • すぐに利用可能:申し込み手続きは約2分。申し込み後に即日に利用可能なので、急ぎのときに便利です。
  • 30日間無料トライアル:初期費用が無料&30日間無料体験ができます。まずは無料で使い心地を試すことができるから、初めてインターネットファックスを利用する際にも安心です。
  • わかりやすい料金体系:初期費用は無料。支払いプランは下記の2通りで、いずれも毎月150ページまでは送信・受信が込みです。(151ページ以降は、1ページ10円。海外への送信は別料金体系です。)
    ・月払いプラン:月額1,500円(消費税別)
    ・年払いプラン:年額18,000円(消費税別)

  • 留意点:30日間無料トライアルは、クレジット番号の登録が必要になります。

efaxは、全国の多くの市外局番に対応しているのが心強いですね。起業にあたって、上記でご紹介した秒速FAX Plusで対応していない市外局番でのFAX番号がほしいときでも、対応できるケースが多いでしょう。

固定費用が、どちらの支払いプランでも月額にして1,500円がかかってきますが、これで毎月150ページまでの送受信ができますので、とてもお得なサービスです。ただし、FAXを利用する頻度や分量が少ない場合には、上記の秒速FAX Plusまたは下記のjFaxの方がお得になる場合もあります。自分がどのくらいファックスを利用するかを試算したうえで、利用するサービスを決めるとよいでしょう。

 

インターネットファックス【jFax】

jFAXは、efaxと同じ業者により運営されているインターネットファックスですが、扱っているFax番号が東京03番号または050番号となります。

起業にあたって、東京03番号でのFAX番号がほしい、あるいは特に市外局番である必要はないので050番号でよい、という場合の選択肢になります。

 

 

jFaxのおすすめポイント

  • 東京03番号を利用できる:FAX番号として、03番号と050番号から選ぶことができます。
  • 30日間無料トライアル:初期費用が無料&30日間無料体験ができます。まずは無料で使い心地を試すことができるから、初めてインターネットファックスを利用する際にも安心です。
  • わかりやすい料金体系:初期費用は無料*。支払いプランは下記の2通りで、いずれも毎月受信100ページ、送信50ページ込みです。それを超えると1ページ10円。海外への送信は別料金体系です。)
    ・月払いプラン:月額990円(消費税別)
    ・年払いプラン:年額11,880円(消費税別)
    ・いずれも登録手数料1,000円(無料トライアル後の有料プランの初月に課金)

  • 留意点:支払いはクレジットカードです。

jFaxは、東京03番号または050番号で、インターネットファックスをお得に利用したい方におすすめの選択肢です。ただし、FAXを利用する頻度や分量が少ない場合には、秒速FAX Plusの方がお得になる場合もありますので、自分がどのくらいファックスを利用するかを試算したうえで、利用するサービスを決めるとよいでしょう。

 

まとめ

ファックスを使う頻度や分量が多くない場合であれば、秒速FAX Plus(起業に最適!ToonesインターネットFAX )のSOHOプランが安くて使いやすいと思います。あとは、取得したい市外局番や月間の枚数などを考慮して、利用するサービスを決めていくとよいでしょう。

当記事が、起業&開業にあたってファックス番号を取得しようと考えている方の参考になれば幸いです!

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク