会社設立時に法人用印鑑をつくるときの5つのポイント~急ぎのときは印鑑通販ショップの利用が便利

会社印鑑セットの写真

印鑑は、長く使っていくものです。ましてや、起業して設立する会社の印鑑であれば、自分の好みの印鑑を作りたいものです。

とは言っても、急いで印鑑を作らなければならない状況となると、細かいことを理解しないまま慌てて作ってしまいがちです。

合同会社を1週間で設立したわたし自身の体験から、急いで法人用印鑑を作るときにこれだけは理解しておきたいポイントをまとめました。これらをざっと頭に入れてから、印鑑通販ショップのサイトを利用すれば、調べ回る時間を節約することができます。同じように急いで法人用印鑑をつくろうとしている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

 

代表者印・銀行印・角印の3種類を用意

会社設立にあたっては、まず以下の3種類の印鑑を用意すれば充分です。会社設立の登記申請には代表者印のみが必要となりますが、会社設立後にすぐに銀行口座の開設やその他の事務手続きが待っていますので、同時に銀行印角印を作っておくのが便利です。(印鑑ショップでは、上記の3種類の印鑑をセットにしたものを「会社設立3本セット」「法人用3本セット」として販売しています。)

必要となる3種類の印鑑

  • 代表者印会社の実印にあたるものです。会社を設立するときに、法務局へ登録印鑑です。商業登記規則第9条の第3項にサイズの規定があり、「印鑑の大きさは、辺の長さが一センチメートルの正方形に収まるもの又は辺の長さが三センチメートルの正方形に収まらないものであつてはならない」とあります。
  • 銀行印銀行口座の開設や関連の金融取引・事務手続き等に利用します。これらに代表者印を使っても問題はないのですが、個人の場合でも実印を銀行取引で使わないのと同様で、代表者印とは別に銀行印を作るのが普通です。
  • 角印:社印とも呼ばれ、請求書や領収書など、日常の取引一般に利用します。名前のとおりに、四角い形をしています。

その他のゴム印やスタンプは、設立後に必要に応じて購入することで充分です。

印鑑通販ショップでつくるのがおすすめ

幅広い商品と価格レンジのなかから、じっくり選んで自分の好みの印鑑をつくれるところが印鑑通販ショップの魅力です。校正確認などの専門店ならではのサービスもありますし、お店まで行く時間も節約できます。

印鑑通販ショップの大手としては、ハンコヤドットコムはんこプレミアム (SUPERHANKO) があります。いずれも印鑑専門ショップとして品揃えやサービスが充実しており、印鑑の10年保証をしています。

おすすめ印鑑通販ショップ

  • ハンコヤドットコムは、印鑑通販の最大手として、印鑑や印刷関係の自社サイトを多数運営しています。お客様第一主義の幅広い品揃えのなかから選ぶことができます。企業サイトから会社の沿革やポリシーなどもわかるので、印鑑という大切なものの作成を託すのに安心感が持てます。
  • はんこプレミアム (SUPERHANKO)は、印鑑専門サイトの大手です。印鑑・はんこを100%自社製造加工していて、16時までの注文であれば追加費用なしで当日出荷してくれるので、急ぎのときに便利です。

 

マリ
マリ自身もそうでしたが、ネットで探すとたくさんの印鑑通販ショップはあって迷います。急いでいるならば、これらの大手印鑑ショップを利用すれば、いろいろと探し回る時間を節約できるかと思います。特に、会社設立を急いでいる場合には、印鑑の注文手配は早めにしてくださいね~

印鑑を選ぶときの5つのポイント

1. 印鑑のサイズ

代表者印のサイズは18ミリが一般的です。文字数が多い場合には、丸印でも21ミリの大きめサイズがおすすめです。

銀行印は18ミリ、角印は21ミリまたは24ミリサイズが一般的です。これらも、文字数が多い場合には少し大きめサイズにするとよいでしょう。

代表者印と銀行印を同じ形状で作る場合には、代表者印21ミリ・銀行印18ミリというように、サイズを変えておくとひと目で違いがわかるので便利です。

2. 印鑑の素材

多くの素材があるので、予算と好みで選べばよいですが、会社の印鑑としておすすめの素材を5つ選んでみました。

おすすめ印鑑素材

  • 薩摩本柘(さつまほんつげ):鹿児島産の最高級ランクの柘印材。明るく温かい木目が特徴で、コストパフォーマンスもよい。
  • 彩華(さいか):耐久性の高い、環境関連企業団体にも推薦されているエコ印材。天然の木材の様な美しい木目が特徴。
  • 黒水牛芯持(くろすいぎゅうしんもち):印鑑素材として定番の水牛の黒い角を加工した印材。高い耐久性と黒く美しい艶が特徴。
  • オランダ水牛色上芯持(おらんだすいぎゅうぎゅうがくしんもち):白っぽい水牛の角を使った希少性の高い美しい印材。
  • チタン:捺印性能が非常に高く鮮明な捺印が可能。金属ならではの重量感、手に取った瞬間の重みが高級感と満足を与えてくれる印材。

マリ
わたしは、価格とクォリティのバランスがとれている黒水牛芯持にしました(アイキャッチの写真参照)。
チタン製が人気の理由

マリは、会社員時代の後期には、会社のバックオフィス(経理・人事・総務・ITなどの事務部門全般)を担当していたことがあって、会社の法人印鑑一式を管理していました。そこで感じたのは、長く使っていると、印鑑の木目調の部分は意外に汚れてくることでした。薄い色だと汚れが目立ちがちになります。

だから、印鑑の素材は長く使う前提で選ぶのが大切と思います。最近はチタン製の印鑑が人気というのも納得です。

3. 印鑑の形状 

丸印・角印それぞれに、寸胴タイプと天丸タイプがあります。

丸印・角印の形状タイプ

  • 寸胴タイプ:上から下まで同じ太さの印鑑です。天丸タイプよりも価格が安めです。
  • 天丸タイプ:手にフィットように途中が少し細くなっていて、キャップがついています。キャップで印面が保護される反面、温度や湿度でキャップがきつくなったり緩くなったりすることがあります。

4. アタリについて

捺印するときに、印鑑の上下がわかりやすいように、印面の上部につけた印のことをアタリと呼びます。曲がらず真っ直ぐに捺印しやすくなります。

印鑑の素材や形状によってアタリが付けられない場合があるので、アタリ付きの印鑑を希望するならば、それらの選択に注意をします。

5. 文字の書体

捺印された印鑑の印象を決めるのは、文字の書体です。印鑑として利用される主な書体には、以下の6種類があります。

印鑑書体の主なもの

  • 印相体(いんそうたい):篆書体を進化させた印鑑らしい書体。吉相体とも呼ばれる。
  • 篆書体(てんしょたい):中国漢字をベースにした柔らかさのある書体。
  • 古印体(こいんたい):可読性を保ちながらも味わいのある書体。
  • 行書体(ぎょうしょたい):文字を崩した流れるような字体。
  • 隷書体(れいしょたい):篆書体をベースに現代文字的に簡略化された書体。
  • 楷書体(かいしょたい):隷書体を日本的な筆書き文字に変化させた書体。

これらのうち、会社の印鑑としては、特に代表者印・銀行印では、セキュリティの視点から可読性が低めの書体である篆書体または印相体がおすすめです。

角印の場合においても、これらの書体は人気ですが、読みやすさという点では古印体隷書体もおすすめです。

印鑑用サプライも一緒に用意しておく

朱肉または印泥

印鑑ケースについている小さい朱肉ではなく、専用の朱肉 を使って捺印すると、やはり映りがきれいです。

捺印マット

きれいに捺印するためには、捺印マットを利用するようにしましょう。 

マリ
わたしは、印鑑と一緒に朱肉と捺印マットも購入しました。せっかく書類を作成しても、最後の捺印で失敗するとやり直しになってしまいますから、捺印マットは必須ですね~

まとめ

上記を頭に入れて、印鑑通販ショップのサイトでを自分好みの印鑑をオーダーすれば、数日以内に手元に届きます。

急いで法人用印鑑を購入する際の参考になれば幸いです!

会社設立時の法人印鑑作成におすすめの印鑑通販ショップ:


登記申請をしたら、ビジネス用の銀行口座開設に向けての準備を始めましょう。状況によっては固定電話番号の取得も必要になってきます。以下の記事も参考にしてくださいね。

銀行口座のイメージ画像

【法人向け銀行口座おすすめ5選】小さな起業で会社設立後すぐ開設したい法人口座(ネットバンク3行の手数料比較表付)

2018-02-14
起業&開業時のオフィスイメージ

起業&開業時に【固定電話を手配】する5つの方法(2019年版)~IP電話・光電話・クラウド電話を理解して03番号050番号を賢く選ぼう

2018-10-24

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク